上野の国立博物館に運慶展を観に行きました。

教科書では見た事があったけど、実物の阿弥陀如の存在感に圧倒されてしまった。

何を思いながら彫っていたのだろう。

繊細で気高く、力強くて優しい

長い長い時を経て、こんなにたくさんの人が心動かされていることをきっと考えもしなかっただろうな。

歴史は苦手だったけど、年表じゃなくて人間になら思いを馳せられそう。

自分の知らないこと、まだまだたくさん見つけていきたいです。