先日、韓国に旅行した時のこと

得意の方向音痴が出て、街中で地図を広げていると、「どうしましたか?」と年配の韓国人男性が上手な日本語で話しかけて来てくれました。

道案内をしてくれるというその男性。多少の警戒心もあり一度は遠慮したものの、私のガイドブックを手に、もうすでに歩き出していたので素直に甘えることにしました。

「どうしてそんなに日本語が上手なんですか?」と訊ねると、何十年も前に日本の大学に留学していたとのこと。

本当はアメリカに行きたかった。だけど英語の成績が悪くて日本に行くことに、と(笑)

「でもね、日本に行って良かったことがあります。韓国ではまだ翻訳されてなかった本が日本で手に入ったんです。その本は今でも僕の一番好きな本です。」

そんなに長い年月読み続けられる本なんて、なかなか出会えるものではない。

2回その作者の名前を聞いて、スマホのノート機能にメモした。

”インドの哲学者 クリシュナムリティ“

家に帰って調べてみたら、なんだか興味を持ってしまった。本はたくさんありすぎてわからなかったけど、とりあえず一冊読んでみたくなり注文してみました。

もしかしたら私にとっても “一生の本” になるかも知れないなぁ、なんて思って。

きっと、二度と会うことはないだろうその韓国人男性から、なんだかお土産をもらったような気がしました。

旅って、こんな事があるから面白い。感謝。