例え月日が流れても
ちっとも癒せない心があるし
前よりもっと深い悲しみに
襲われる時さえあるのかもしれない。

人の幸せを喜べない自分がいても
それは誰かに責められるべきことではないはず。

ゆっくりゆっくり
自分の心に歩調をあわせ
前に進んでいけばいいんだと思います。

例え言葉を交わしたことがなくても
そういうあなたを応援してくれる人が
きっとたくさんいると思いますよ。

今日の日に祈りを込めて。

2018年3月11日