「できるようになる唯一の方法は始めること」

手足のない冒険家 カイル・メイナードさんの言葉です。

生まれながらにして手足が無いにも関わらず、
彼の両親の方針で全てを健常者と同じように育てられ挑戦をしてきたそう。

すごくシンプルであたりまえの言葉だけど、
言い訳が嫌いな彼が、きっと何度となく自分に言い聞かせてきた言葉なんだろうと思います。

できると信じているから始められる。

そうできる自分のことも信じている。

そう考えると
始めてみる前に諦めちゃうのは、
なんだかとっても 『もったいない』ですね。