『心ここに在らず』なことをしてしまった。

コーヒーを飲んだお店に時計を忘れ、
その帰りに寄ったコーヒー豆屋さんのレジでお財布がないことに気づき、
店員さんに「サザエさんみたいですね」と言われながら車に取りに戻る。

何かの思考に支配されているとたまにこういう事をしてしまう。

見ているはずなのにキャッチできない。
普段はあたりまえの動作なのにつながらない。

そんな時は……
きっぱり諦めるしかないかな。

時計もお財布も、私の注意力のなさを教えてくれたアイテムなのだ。
小さいサインで済むうちに気を抜ける場所に帰ろう。

そして自分が何にとらわれているのかじっくり考えてみる。

きっとそれが必要だということなのだろう。