長いことかかって
やっと小説を読み終えました。

綿矢りさの「意識のりぼん」という
どれも女性が主役の短編集でした。

面白かったです。

寝る前の楽しみにと
少しずつ読んでいたのですが
たまに寝落ちしたり
しばらく忘れていたり
今日やっと最後のページまでたどり着きました。

本からは
いつも読み終えた達成感と
もう一度パラパラとめくる振り返りの
楽しみをもらっています。

そして
また新しい本を探す楽しみもついてくる。

限られた日常の時間をどう演出するかは
自分自身にかかっているのかも。

ちょっとでも楽しい時間が増えると
いいですよね。