近すぎると見えないもの
気づけないことがある

そんな時は誰かに頼って
ちょっと客観的に見てもらう

自分で見えない景色を
その人が代わりに見て
今こんな状態だよ、って
教えてもらえたらありがたい

迷いなく進む道が見つかれば
その方法は自由でいいはず
そして
その出会いにもきっと意味があるんでしょうね