手当て

身体が熱い、って言われたらおでこに手を当て熱を測ってあげる

お腹が痛い、と言われたらお腹に手を当てさすってあげる

指をケガしたら、「痛かったね」とバンドエイドを貼ってあげる

ただ悲しくて泣いてる時は、何も言わずそっと背中をさすってあげる

痛いことに気づいて手当てしてもらうだけで、それだけでなんだか安心できる気がします。

そして、それがあって初めて「ここが痛いんだ」と言える力が湧いてくるものなのかもしれません。

投稿者プロフィール

井上未来
くれたけ心理相談室 (牛久支部)心理カウンセラー

近隣地域のカフェ、訪問、お電話、スカイプ等でご相談をお受けしております。傾聴を基本にクライエント様のお気持ちに寄り添ったカウンセリングをさせていただきたいと思っております。

コメントを残す

前の記事

ほっとする

次の記事

スペースを作る