祈り

例え月日が流れても
ちっとも癒せない心があるし
前よりもっと深い悲しみに
襲われる時さえあるのかもしれない。

人の幸せを喜べない自分がいても
それは誰かに責められるべきことではないはず。

ゆっくりゆっくり
自分の心に歩調をあわせ
前に進んでいけばいいんだと思います。

例え言葉を交わしたことがなくても
そういうあなたを応援してくれる人が
きっとたくさんいると思いますよ。

今日の日に祈りを込めて。

2018年3月11日

 

投稿者プロフィール

井上未来
くれたけ心理相談室 (柏支部)心理カウンセラー

近隣地域のカフェ、訪問、お電話、スカイプ等でご相談をお受けしております。傾聴を基本にクライエント様のお気持ちに寄り添ったカウンセリングをさせていただきたいと思っております。

コメントを残す

前の記事

普通のライン

次の記事

小さい花だけど