停まっている時期

先が見えず悩んでいた時期を知ってる人。

今もすべてが順調ではないかもしれないけれど
大変さを笑い飛ばせるまでになったみたい。

嬉しかったです。

その姿を見て
きっと周りの人は安心をもらえているだろうな。

人はつい周りの歩幅に合わせようと
急いだり焦ったりしてしまうけど

周りを基準とせず
自分の歩幅で生きていくだけでもいいはず。

そしてそんな時期が必要な人もいる。

その時期そんな自分を認めてもらい
安心して過ごせることで
本当に動き出したい時の力になる気がします。

停まっているように見える時期も
きっとムダな時間ではないと思うんですよね。

もっと笑顔が増えますように。

 

 

投稿者プロフィール

井上未来
くれたけ心理相談室 (柏支部)心理カウンセラー

近隣地域のカフェ、訪問、お電話、スカイプ等でご相談をお受けしております。傾聴を基本にクライエント様のお気持ちに寄り添ったカウンセリングをさせていただきたいと思っております。

コメントを残す

前の記事

一日の終わりに

次の記事

文字にすること