ハードルは低く

人は誰でも
初めてそれに取りかかった時の印象で
その後の好きか苦手が決まる気がします。

 

その為には『ハードルは出来るだけ低く』

 

『楽しい』につながる経験をするには
『できた!』という喜びを味わうのが上達の第一歩。

子どもだって大人だって
上手くいった快感は宝もの。

 

いきなり富士山でなく
小さな山から
登る楽しさを教えてもらえばいいんですよね。

 

 

投稿者プロフィール

井上未来
くれたけ心理相談室 (柏支部)心理カウンセラー

近隣地域のカフェ、訪問、お電話、スカイプ等でご相談をお受けしております。傾聴を基本にクライエント様のお気持ちに寄り添ったカウンセリングをさせていただきたいと思っております。

コメントを残す

前の記事

雨の日ランドリー

次の記事

自分の基準で