一昨年、枯れたと思っていた庭の夏みかんの木。

イメージです↑

今日よく見たら枯れた太木の脇から
緑の枝が大きく伸び出していました。

上がダメだと思ったのか
方向を横に変えて伸びていったようです。

勝手に諦めてごめんなさい、という気持ちになりました。

根っこにその力があれば、当たり前に生きることを選択していくんですよね。生命力の強さを植物はすごくわかりやすく教えてくれる気がしました。

しばらく実はつけないでしょうが、また春にはいい香りの花を咲かせてくれるかもしれません。

今から楽しみです。