思い出すこと

今日、茨城は予報通りの雪景色となりました。

2月9日は息子の誕生日なのですが、彼の生まれた21年前も雪が積もっていた事を思い出します。

そういえば君が生まれた時もね…と話したら
毎年聞いてると苦笑いされてしまった。

あの時は寒かったなぁ、とか一年に一日くらい同じシーンがよみがえってもいいと思うのは私の持論。

聴いてもらいたいというより
ただちょっとだけそこに戻ってみたいだけで
本人がそこにいてもいなくても多分関係ない。

身体はここにあっても
頭の中はどこに行っても自由ですものね。
だから素晴らしい小説や映画が生まれたりもする。

何だか話が大きくなってしまいましたが
ともかく誕生日を祝ってあげたいな、と思ってます。

おめでとう!

大雪の地域もあるかと思います。
被害が出ないことを祈っております。

 

コメントを残す