YES かNOか

NOではないと言われても
やっぱりはっきりYESと言って欲しいもの。

曖昧さは時に否定と同じ意味を持ってしまうかもしれません。

それが本意でないのなら
なんだか勿体無いようにさえ感じます。

 

たとえNOを伝えるのであっても
相手そのものを否定してない以上
きっと前向きなコミュニケーションは築いていかれるんじゃないかな。

そんな気がします。

 

投稿者プロフィール

井上未来
くれたけ心理相談室 (柏支部)心理カウンセラー

近隣地域のカフェ、訪問、お電話、スカイプ等でご相談をお受けしております。傾聴を基本にクライエント様のお気持ちに寄り添ったカウンセリングをさせていただきたいと思っております。

コメントを残す

前の記事

くれたけ勉強会

次の記事

役割を解いて