知るということ

初めて入るお店に行ってきました。

通りから見えて気になっていたけど
とても入りづらそうな場所にあるお店。

用事の帰り道
そこを目的地にして行ってみたら
案外あっさり着くことができました。

そして店内を見て店員さんと話したら
もう知っているお店になっている。

『知る』というのはきっとそういう事なんでしょうね。

また行くかどうかは
その後、私が決めればいいこと。

単に知らないから決められない事って
結構あるように思います。

ドアをノックしてみることでしか
近づけないのかもしれませんね。

 

投稿者プロフィール

井上未来
くれたけ心理相談室 (柏支部)心理カウンセラー

近隣地域のカフェ、訪問、お電話、スカイプ等でご相談をお受けしております。傾聴を基本にクライエント様のお気持ちに寄り添ったカウンセリングをさせていただきたいと思っております。

コメントを残す

前の記事

私の勝負メシ(♯109)

次の記事

流れの先に