相手の期待に応えられない時

もっと応えなければ、
そういう気持ちがあればあるほど
苦しく感じるかもしれません

だけど、
できないにはきっと理由がある

モヤモヤを抱えたまま
形だけそこにいる自分は
苦しさを封じる必要にせまられて
しまいそうです

自分が感じる思いはそのままに

説明できなくても
辻褄(つじつま)が合わなくても
そう感じる以上はそうなんだということ

それをわかったうえで
自分と相手の気持ちに折り合いをつけていく

真正面から
出来ないことに向き合わなくても
それぐらいの “いい加減さ”で
やり過ごす方法でもいいのかもしれませんね