本屋にて

先日直木賞を受賞された
島本理生さんの『ファーストラヴ』

帯のメッセージとタイトルとのギャップが
どうしても気になり購入してみました。

早速、主人公の臨床心理士の目線で
私も本の世界に入ってみます。

読後の気持ちはどんなだろう。

フィクションだけど
きっとどこかにリアルが見えるんだろうな。

ドキドキ。

投稿者プロフィール

井上未来
くれたけ心理相談室 (柏支部)心理カウンセラー

近隣地域のカフェ、訪問、お電話、スカイプ等でご相談をお受けしております。傾聴を基本にクライエント様のお気持ちに寄り添ったカウンセリングをさせていただきたいと思っております。

コメントを残す

前の記事

スペース

次の記事

敬意を払いたい