親子

買い物先でのこと。

幼稚園くらいの女の子が、泣いて愚図ってお母さんにまとわりついているのを見かけました。

その光景にかつて自分にもあった、ちょっと苦い記憶を思い出してしまいました。

 

子どもは子どもで、きっと何か愚図る理由があるんでしょうけど、お母さんはお母さんで、せっかく買い物に来たのに何も見れないやるせなさを感じているんだろうと。

 

そんなどうにもならない時間が、その時はすごく長く感じたものです。

「いつか懐かしい思い出になるのよ」って言われても、「今この瞬間が大変なんです」とその時の自分は思っていた気がします。

 

時間が流れ、今ならどっちの気持ちも理解できる。
そんな “いつか“ も本当に来るものなのですね。

 

帰り際、好きなお菓子でも買ってもらったのかな。ニコニコになった女の子を見かけて、私もほっと嬉しい気持ちになりました。

 

 

投稿者プロフィール

井上未来
くれたけ心理相談室 (牛久支部)心理カウンセラー

近隣地域のカフェ、訪問、お電話、スカイプ等でご相談をお受けしております。傾聴を基本にクライエント様のお気持ちに寄り添ったカウンセリングをさせていただきたいと思っております。

コメントを残す

前の記事

あたり前って

次の記事

筑波山と夕焼け