褒める時は褒めるだけ

もう少しこうしたら…とか
あともうちょっとで…とか

つい100%からの引き算をしちゃうけど
褒める時には褒めるだけ

その嬉しい経験は
きっとこの先何度も思い出す

その度にダメ出しもセットじゃ
ちょっと悲しいから

褒められた、って記憶
それは親が子どもに与えられる
目に見えない宝物ですもの