シンプルに見る

他の子には大らかでいられるのに
自分の子だと許せないこと

意外とたくさんあったりして

挨拶はきちんと
時間には遅れず
やるべき事は最後まで
ついでに勉強も頑張って(苦笑)

呪文のように繰り返してしまいそうけど
それって、誰の為だろう?

もしかして自分の評価に繋がるから?

それを気付かせてくれるのも子ども自身

「本当に大切なものはナニ?」

呪文が取り払われて
初めて子どもの素顔が見えるのかも

身体を張って教えてくれる子どもたち
大変ではあったろうけど
きっとそれは親子にとって
大切なギフトになったはず

そしてその経験や絆は生涯続く気がします

「シンプルに子どもを見る」

難しいけど、やってみる価値はありそうです

 

投稿者プロフィール

井上未来
くれたけ心理相談室 (牛久支部)心理カウンセラー

近隣地域のカフェ、訪問、お電話、スカイプ等でご相談をお受けしております。傾聴を基本にクライエント様のお気持ちに寄り添ったカウンセリングをさせていただきたいと思っております。

コメントを残す

前の記事

本と映画

次の記事

鼻風邪とコーヒー