なんてことはない話でも
最後まで聴いてもらえたら嬉しい。

言葉が浮かばなかったり
上手な言い回しじゃないことも承知の上で
本人は結構頑張ってたりするから。

飽きられちゃうかな、って不安を抱くのは
過去に自分の話がいつのまにか相手の話に
すり替わっていた経験があるからかもしれません。

例え最後は尻切れトンボになったとしても
「オチ、なかったね」
って笑ってもらえたらきっと救われる。

自分の気持ちを伝えることに臆病にならないためには、そんな経験が必要なのだろうと思います。

満足そうな顔がたくさん見られますように。