思い出すこと

選挙の投票場所に向かう道は
以前飼っていた犬の散歩道でもありました。

まさか15年間も散歩するとは思わずに
毎日毎日その道を歩いていた私。

天国に行ってもう6年になるけれど
この公園には必ず寄って
このお宅の犬に必ず吠えられて…と
記憶はちっとも薄れてないことに気づきました。

 

リードの重い感触と
一緒に見た景色と

同じ道を歩くことで、その時の感情にすぐ戻れることもあるんですね。

マル↑(仔犬の頃。マックス30kgまで成長しました。)

ペットは大切な家族であり友人であり
時には恋人のように甘い関係にもなれたりする。

言葉を交わさないからこそ
分かり合えるものがあったのかもしれません。

 

きっと何年経っても、心の中から
消えることはないんだろうな、と思います。

 

今週も皆さまにとって良き一週間となりますように。

 

 

思い出すこと” に対して1件のコメントがあります。

  1. 長谷川淳子 より:

    仔犬のまるちゃん、可愛かったね。家に遊びに行った時の様子とか わたしもしっかり覚えてる。

    1. 井上未来 より:

      覚えていてくれてありがとう。 お客さん好きな犬だったから喜んでいたんだろうな(^^)

井上未来 にコメントする コメントをキャンセル