毛づくろいの会話

本の紹介をさせていただきます。

夫と妻、父親と母親

それぞれの役割を意識する程、求めるもの、やらなければならない事に縛られて苦しくてなってしまうこともあります。

本当はもっと楽しい家庭を築きたいのに。

 

本の中でキャリアカウンセラーの小島貴子さんが『毛づくろいの会話』を勧めていらっしゃいました。

大事なことだけ話すんじゃなくて「今日って寒いね」「そうだね」って会話が日常あることが大切だと。

 

言葉のキャッチボールが成り立っていないと、相談する方もされる方も相手の反応が見えにくく不安になるのかもしれません。

 

男性女性それぞれの目線を理解した上で書かれていますので、夫婦どちらの味方にもなってくれそうな本です。

良かったら手に取ってみてくださいね。

 

 

『どうして男と女はすれちがう?』↓

https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784880496559

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

井上未来
くれたけ心理相談室 (牛久支部)心理カウンセラー

近隣地域のカフェ、訪問、お電話、スカイプ等でご相談をお受けしております。傾聴を基本にクライエント様のお気持ちに寄り添ったカウンセリングをさせていただきたいと思っております。

コメントを残す

前の記事

ただ願うこと

次の記事

2月になりました