牛久市やつくば市での自宅訪問が可能な心理カウンセリング
井上カウンセラー ブログ

思うこと

同じ道から

今日は冷たい雨の一日でした。 晴れた日に外を歩くと、目線が少し上に行きます。 青い空を背景に木々や町並みが目に入る感じ。 雨の日は傘に遮られ目線は下の方になり、 目に入るのはちょっと先の水たまりや濡れた靴のつま先だったり …

できるようになる方法

「できるようになる唯一の方法は始めること」 手足のない冒険家 カイル・メイナードさんの言葉です。 生まれながらにして手足が無いにも関わらず、 彼の両親の方針で全てを健常者と同じように育てられ挑戦をしてきたそう。 すごくシ …

どんな人だったと言われたい?

以前カウンセリング講座の先生に質問されました。 自分が亡くなった後「どんな人だったと言われたいですか?」と。 ドキッとしたその質問。 その時は憧れも込めて 「自由な人だったなぁ、と言われたい」と答えた気がします。 視点を …

祈り

例え月日が流れても ちっとも癒せない心があるし 前よりもっと深い悲しみに 襲われる時さえあるのかもしれない。 人の幸せを喜べない自分がいても それは誰かに責められるべきことではないはず。 ゆっくりゆっくり 自分の心に歩調 …

放つ時

「話す」ことは、「離す」ことであり「放す」ことにつながる。 90歳の現役弁護士 湯川久子さんが 本の中で綴っていらっしゃいました。 自分の悩みを人に話すことで、一旦問題が自分から離れて行き場を得る、と。 それは私が自分の …

今だから

お借りした本を読んでいてふと手が止まりました。 「日々を重ねて初めて手に入れられる感情がある」 若竹千佐子さんの作品「おらおらでひとりいぐも」の主人公桃子さんの心情です。 様々な喜怒哀楽を経験した主人公だからこその言葉な …

桃の節句

今日はひな祭りですね。 おひな様を飾って、お祝いをされているお宅も多いことかと思います。 もう何年もお目にかかっておりませんが、 わが家にもあるにはあるのです。 天袋にしまった7段飾りのおひな様が。 おひな様ごめんさない …

一歩進むため

大切な用事が迫っています。 直前にならないと焦らない私がいよいよ焦って参りました。 土曜日に名古屋で行われる「くれたけ音楽祭」http://counseling1.co.jp/2018/02/22/nagoya-6/に参 …

怒りの正体

思っていた反応と違っていたり、 本当はもっとこうして欲しいのに、という期待があればあるほど、 人は怒りを感じてしまう。 それは多分、通りすがりの人が肩にぶつかって来た時に感じる怒りとは違うはず。 こちらは嫌な体験として不 …

幸せの積み重ね

なにかの標語のように書いてあった。 「幸せは自分の心が決めること」 うん、確かにそうかも。 どんなに小さなことでも、ああ幸せって思える心。 そんな積み重ねで、日々の幸福度って充実してきそうです。 なんでもないところから「 …

« 1 23 24 25 »
ご予約カレンダー

更新情報

ブログアーカイブ

PAGETOP